英語ができることは武器か?

英語ができるひとが意外と見落としているポイントは、「英語はキャリア上の明白な武器」だということ。

英語ができるひとは、「自分は英語が話せるだけで人間としての中身はまだまだだ」などと考えてしまうこともあるようです。

今一度回りを見て英語がしゃべれない日本人を見てください。
彼らは英語のディスカッションにすら参加できません。
どんなに素晴らしい意見を持った人であっても、発言しなければ意見を持っていないのと同じ。
これがグローバルルールです。


英語ができるか否かは、誰もが判断できる明白なもの。

英語ができない人は参加すらできないのですから。

だから、英語ができる人は中身に問題がいくらあろうと、それを武器にしてキャリアアップしていくべきです。

自信を持って進みましょう!



ヘッドハンターに英語のできるあなたをスカウトさせるためには、ここの登録は必須
》 》 ヘッドハンター・直接採用企業検索
タグ : ,